櫻岳のご紹介 About

桜島の麓、鹿児島県垂水市にて採水、製造しております。

活火山温泉水 櫻岳(おうがく)

桜島の麓、鹿児島県垂水市にて採水、製造しております。

世界屈指の活火山・桜島がある鹿児島県垂水市は、古くから知られる名水地です。活火山温泉水『櫻岳(おうがく)』は、東京タワー3個分よりも深い垂水市の地下1,038mから汲みあげた温泉水を採水地パックしたものです。ひと口飲めば水の甘さとやわらかさ、桜島がもたらした豊かな自然の恵みを感じていただけます。

【櫻岳】は数億年の歴史があり、 再生できない貴重な水です。

【櫻岳】は数億年の歴史があり、 再生できない貴重な水です。

水源には2種類あります。
ひとつは循環タイプ。
海から蒸発した雲が雨を降らし、山、湖、地下水へと流れ、再び海にもどるという短期間のサイクルの中で、これを濾過したものが、浄水器や水道水にあたります。
山や渓谷などで流れてくる水も循環タイプに入ります。
もうひとつは、「ウォーターテーブル」。日本語に訳すと化石水という意味です。『櫻岳』もこれに該当し、約1.5億年~6500万年前の地層からいくつもの地層を通過して汲みあげた、貴重な水です。

ふわっとしたやわらかさを持つ温泉水

ふわっとしたやわらかさを持つ温泉水

一度飲んだらわかる、甘くてやさしい水。
鹿児島県垂水市には、昔から水資源が豊富にあります。また、鹿児島県は世界有数の軟水地帯であり、『櫻岳』は地下から汲みあげられるミネラルウォーターのなかで、最も軟水であるといわれています。
『櫻岳』は、東京タワー3個分よりも深い地下1,038mから湧き出る活火山温泉水を空気に触れることなくボトリングしました。
口に含むと、「ふわっとして、やわらかくて、甘い口あたり」を実感されることでしょう。

【櫻岳】の美味しさ、4つの理由。

しみわたるのはなぜ?

クラスター値がとても細かい

『櫻岳』のクラスター値(水の結合分子の大きさ)は52.0Hz。お茶やお酒の割り水にすれば、その力を実感できます。

リフレッシュするのはなぜ?

高いアルカリpH値

『櫻岳』はpH値9.4~9.7という高いアルカリ性の温泉水です。いつも頑張る人間の体に、アルカリ性の水がすっきりとしみわたります。

さびないのはなぜ?

還元力があるとされる活性水素水

金属がほとんど錆びていないのは、温泉水の成分に含まれている活性水素のおかげ。日常の生活の中で取り入れたいお水です。

やわらかいのはなぜ?

硬度0.5mg/Lの超軟水

『櫻岳』はとてもやわらかく、硬度が0.5mg/L。軟水には、脂と分離せずに溶け合う性質があるとされています。

オンラインショッピング

オンラインショッピング

天然温泉水『櫻岳(おうがく)』を全国へお届けいたします!!

ご購入はこちら

【櫻岳】ご紹介動画