新着情報 News

【コラム】水分子の大きさについて

水の分子の大きさについて、皆さんはご存知ですか?

昔、理科や科学で、水はH2O(エイチツーオー)と表記すると習いましたよね?
これは、水がいくつかの分子の集合体でできていることを表しています。
そして、その分子の集合体の大きさを表す値が「クラスター値」と呼ばれています。
クラスター値(水分子の大きさ)を表す単位はHz(ヘルツ)です。
この値が大きければ、水分子の集合体が大きく、値が小さければ、水分子の集合体が小さくなります。


想像してみてください。
分子が小さいということは、「スッと身体に浸透していく」というのがよくわかる気がしませんか?
例えば血液の場合ですと、クラスター値が小さい水を飲むことで、血がサラサラになり、血栓が作られにくくなるというメリットがあります。
また、分子が小さいと、「口当たりがまろやか」に感じるそうです。

では、いつも飲んでいる水道水のクラスター値はどのくらいでしょう?
115Hz~140Hzと言われています。そして一般的なミネラルウォーターや浄水器でろ過した水が110Hz~130Hzとのことです。


活火山温泉水「櫻岳(おうがく)」の水のクラスター値はナント52.0Hzです。だから飲んだ瞬間に「スッとしみる」感じがするのです。
そこで、当社では「櫻岳」を飲む温泉水として用いるだけでなく、お料理や美容にもご利用いただくことをおススメしています。

詳しくは、こちらのページをご参照ください。
https://www.ougaku.net/scene/